全保連 全国保育団体連絡会 お問い合せはこちらから (平日午前10時〜午後5時まで)TEL:03-3339-3901/FAX:03-3310-2535
HOME 出版案内 保育研究所
NEWS(全保連の活動) 研修・セミナー 合 研 全保連の紹介
保育プラザ研修

より専門的な内容となります。保育を深めたい方におすすめです!
秋・冬の週末講座「実践力を高めるために」

 

●受講料:各日 6,500円/定員100名 (1日を通しての受講となります)
*15:45〜16:00でレポートをまとめ、提出していただきます。           
*内容に若干の変更が生じる場合があります。あらかじめご了承ください。
*受付は講座開始30分前から始めます。
*途中、昼食休憩があります。

時間

テーマ

講師(敬称略)

11/11
(土)

10:00〜16:00

ゼロ、1、2歳児の発達と生活・あそび
大切にしたい生活、あそびの世界・関係のひろがり、保育の課題

長瀬美子
(大阪大谷大学)


11/12
(日)

10:00〜16:00

3、4、5歳児の発達と生活・あそび
なかまと共に育ちあう生活・あそび、就学に向けて形成したい力

長瀬 美子
(大阪大谷大学)


11/19
(日)

10:00〜16:00

乳幼児期の子どもたちに保障すべき保育・教育とは?
幼稚園教育要領、保育所保育指針の改定をふまえて考える

大宮勇雄
(福島大学)

保育でしあわせになるために
子どもたちの実態から、求められる保育、保育園の役割を考える

平松知子
(愛知・けやきの木保育園園長)

保育制度をより深く理解するために
保育を支える制度のしくみと保育をとりまく社会の動き

逆井直紀
(全国保育団体連絡会)


11/25
(土)

10:00〜16:00

「気になる子」が変わるとき
困難をかかえる子どもの発達をふまえ、保育の中で大切にしたい視点

木下孝司
(神戸大学大学院)

保育園での保護者支援
気になる子・障害児をともに育てるために

荒井聡
(豊島区立東部子ども家庭支援センター)


「保育プラザ研修」トップに戻る
春・夏の週末講座平日講座実技・専門講座ダウンロード


協賛:一般社団法人保育プラザJAPAN
主催・連絡先:全国保育団体連絡会
〒162-0837 東京都新宿区納戸町26-3 保育プラザ
TEL:03-6265-3171 FAX:03-6265-3230
http://www.hoiku-zenhoren.org/

Copyright 2006 © Zenhoren All rights reserved.
ページの先頭へ ↑